集まって住むまちづくり「ソーラータウン」

自然エネルギーを活用した家に住みたい、自然素材のあたたかみを感じたい、
庭の樹々に四季の変化を楽しみたい……そういった価値観を大切にする人たちが
大きな家族のように集まって暮らすまち。それがソーラータウンです。
エコロジーな暮らしを街全体で計画。住人同士がつながりほっと安心できるコミュニティが育っていく。
地域の植生や風土を生かす環境が、ここにあります。

ソーラータウン西所沢

狭山丘陵を望む丘の上にある緑あふれる街。10年、20年と時が経つほどに美しくなるような街並みです。建築家の田中敏溥さんが考える「向こう三軒両隣」の街並みの中で、あたたかなコミュニティが育まれています。
[埼玉県所沢市/全22区画(販売中)/設計:田中敏溥]

ソーラータウン府中

むさしのiタウンに続く東京都のプロジェクト。ゼロエネルギーを目指す高性能な木造ドミノ住宅によるまちづくり。
[東京都府中市/全16棟(販売完了)/設計:野沢正光]

ソーラータウン多摩湖町

「ソーラータウン多摩湖町」は定期借地として地主さんと提携して実現したまちづくり。多摩湖周辺は自然が豊かなエリア。子育て中のご家族がみんなでのびのびと過ごせる素晴らしい環境の中で、土地を所有せずに無理のない費用で自然素材の木の家づくりが可能となりました。
[東京都東村山市/全8棟(販売完了)/設計:強谷 陽+相羽建設]

むさしのiタウン

東京都のまちづくりプロジェクト「むさしのiタウン」。東村山市に生まれたエコタウンの一角に、OMソーラーを搭載した木造ドミノ住宅が25棟完成。木造ドミノの開発のきっかけとなったソーラータウンプロジェクトでした。
[東京都東村山市/全25棟(販売終了)/設計:野沢正光+半田雅俊]

ソーラータウン久米川

相羽建設ではじめてのソーラータウン。15年を経た現在は植栽が元気に成長し、落ち着きのある街並みが形成されています。まちづくりにあたって、建築家の伊礼智さんの「設計の標準化」がこの頃からはじまり、相羽建設でもキッチンや建具が大工さんの手仕事によりつくられるようになったのもこの頃でした。
[東京都東村山市/全17棟(販売終了)/設計:永田昌民+伊礼智]

エコロジーな暮らしを街全体で計画する。
住人同士がつながるコミュニティが育っていく。